松山 パチンコ ば くさいいないはずの時間帯にまさかのお客が!? イオンリテールが「AIカメラ」を導入して気付かされたことパチンコ イベント 名

松山 パチンコ ば くさいいないはずの時間帯にまさかのお客が!? イオンリテールが「AIカメラ」を導入して気付かされたことパチンコ イベント 名。
松山 パチンコ ば くさいいないはずの時間帯にまさかのお客が!? イオンリテールが「AIカメラ」を導入して気付かされたことパチンコ イベント 名
スロット 5 の つく 日k8 カジノ

ビット コイン 日本 語 情報 イオンリテールが、快適な買い物環境を実現するために「AIカメラ」の活用を進めている。2021年5月、「イオンスタイル川口」(埼玉県川口市)に導入したのを皮切りに、70店舗にまで拡大(22年11月末時点)。22年度末には約80店舗に導入予定だ。

 店内カメラの映像を分析することで、どのようなことが分かってきたのか。同社ストアオペレーション部の丹羽 龍氏に話を聞いた。

映像をAIが分析する(提供:イオンリテール、以下同)接客が必要な顧客を感知

 同社ではAIカメラを通じて、次のようなことを実現しようとしている。

 1つ目は、接客を必要とする顧客を見つけることだ。例えば、衣料品や暮らしの品売り場などで、商品を眺めている顧客がいたとする。AIカメラの分析・学習機能により、接客が必要かどうかを自動的に判断し、従業員に通知する。従業員が離れた場所で作業していたとしても、売り場に直行することで接客対応が可能になる。

接客が必要な顧客がいたら、従業員に通知する従業員による接客を実施

 2つ目は、レジ前に設置したカメラ映像をもとに、AIが顧客の年齢を推定することだ。もし、20歳未満だと推定した場合は、自動で従業員に通知される仕組みになっている。レジ従業員(特に働き始めたばかりのアルバイト)にとって、「身分証明書を出してください」と顧客に伝えるのは心理的なハードルが高い。AIカメラを導入すれば、「通知が出てしまったので、証明書を見せてもらえますか?」といったやりとりが可能となり、ストレスは軽減される。そうした年齢確認の判断業務から解放することを狙う。

レジで年齢確認が必要なケースは従業員に通知するAIカメラが顧客の年齢を推定する

 3つ目は、顧客の店内動線、売り場への立ち寄り時間、手を伸ばした商品棚などの情報を自動で集積し、可視化することだ。店内レイアウトや品ぞろえの改善などにつなげる。

 イオンリテールではこれまで、顧客の属性などを把握するため、店舗入り口でアルバイトが客数をカウントしたり、アンケートで1週間の来店回数を尋ねたりといった調査手法を採用してきた。ただ、この方法だと、人件費などのコストがかかる、1年のうち限られた日数しか調査できないといった課題があった。

 また、店内にカメラは設置しているが、盗難などの事件があった際、事後的に映像を分析するといった用途にとどまっていた。

 丹羽氏は、AIカメラを導入しようと考えた理由について「(あまり活用できていなかった)カメラの映像を、もっと能動的に使えるのではないかと考えた」と説明する。カメラの映像を低コストで分析できるような技術革新が進んだことも背景にある。

AIカメラ導入の効果は?k8 カジノ AIカメラ導入の効果は?

おそ松 くん スロット では、実際に導入した店舗ではどのような効果が出ているのだろうか。

 まず、商品を眺めている顧客にタイムリーな接客を実施することで、購買につながるケースが増えているという。「この商品のことをもっと知りたいけど、近くに聞けそうな店員さんがいないから具体的な検討は後にしよう」というケースを一定数減らすことに役立っているようだ。

売り場をAIカメラが分析

 同社では、ECがリアル店舗の脅威になっていることを踏まえ、接客が必要な部門を強化している。具体的には、ベビーカーやランドセルなどについて専門知識を備えた従業員を増やすといった対応をしている。丹羽氏は「われわれの強みは、お客さまに商品を直接触っていただきながら、説明できることだ」と語る。

 現在の課題は、売り場にいる顧客と従業員を完全に区別できていないことだ。あるエリアに一定数の人がいることが認識されたら、従業員に通知がいくようになっているという。

 映像は、店内にある既存のカメラから取得しているのだが、必ずしも高性能なカメラばかりではないので、ハード面での限界がある。また、個人情報保護の観点から、従業員と顧客の顔は分析していない。顔以外の情報から顧客と従業員を見分けられるように精度を上げていこうとしている途中だ。

 店内にはたくさんのカメラがあるが、全ての映像をリアルタイムで従業員がチェックできているわけではない。今後、AIカメラの精度がさらに上がれば、これまで従業員が見落としていた接客が必要な顧客をさらに把握できるようになる。

精度向上が課題ベビーカー売場のお客に驚く

 丹羽氏がカメラ映像を分析・検証し、驚いたことがあったという。これまで、平日夜のベビーカー売り場には顧客がほとんど来ないという思い込みがあった。しかし、丹羽氏が解析した映像には、仕事帰りと思われる共働き夫婦が、子どもと一緒にチャイルドシートを眺めている姿があったという。

 「平日の夜にこんなお客さまがいらっしゃるのだという発見がありました。お客さまの行動を可視化することで、自分たちの思い込みや経験によるミスリードをなくしていきたいと考えています」(丹羽氏)

 もし、平日の夜に一定数の顧客がチャイルドシートを見に来ていたのだとしたら、この時間帯に専門知識を持った従業員を配置することで、売り上げ増につながる可能性がある。

売り場の実態が把握しやすくなるk8 カジノ 売り場の実態が把握しやすくなる

仮想 通貨 先物 AIカメラにより、顧客が特に集まっているエリアを時間帯別で把握できるようになった。具体的には、利用率の高い場所を赤色、低い場所を青色にして、グラデーションで色分けする「ヒートマップ」で可視化している。同社では、このようにして集めたデータをどのように活用しているのか。

売り場のヒートマップ。手を伸ばしたところなどが赤くなる

 これまで、リアル店舗では利用客の数=レジで買い物をした人の数というのが基本だった。しかし、これでは家族連れと仕事帰りに立ち寄った会社員を同じ「1人」としてカウントしてしまう。現場で働いている従業員は「休日は家族連れが多い」「平日の夜は1人で来店するケースが多い」ということを何となく理解している。しかし、現場に出ることが比較的少ないマネジメント層は正確な実態を把握するのが難しかった。

 実際にAIカメラで分析した結果について丹羽氏は「夕方に、想定していたよりたくさんのお客さまが来店しているのだが、売り上げには必ずしもつながっていないケースがあった。購入を促すために必要なのは接客なのか、リアルタイムの値引きなのかといったことを検証する必要があると分かった」と説明する。また、店内の客数を正確に把握することで、より具体的な根拠に基づいて従業員のシフトや売り場レイアウトを決められるようになると期待している。

フロア全体のヒートマップ。人がたくさんいるところが赤くなる

 量り売りの総菜を提供するコーナーでは、総菜に興味を示したのが子どもなのか、一緒にいる母親なのかといったことが識別できるようになった。総菜に限らず、個々の買い物がどのように行われているのか詳細が分かるようになったのも、AIカメラを導入した成果だ。

メインの入り口を勘違いしていた

 店内の人流解析をした結果、売り場により多くの顧客が入ってくるようになったケースもある。ある女性用の服売り場は、3つの通路に面していた。これまでは、「大手カフェチェーンの店舗に面している通路から売り場に入ってくる人が最も多いだろう」と想定し、その通路にマネキンを設置していた。しかし、AIカメラで分析すると、別の通路から売り場に入ってくる顧客が多かったことが判明した。そこで、レイアウトを実態に合わせて変更したところ、売り場に入ってくる人が10~20%増えて、売り場内の回遊性が高まったという。従業員はそれぞれ自分の目に入るところでしか顧客の動向を見ていないが、AIカメラによって俯瞰的に流れを把握できるようになったのだ。

店内の顧客回遊シミュレーションにも活用高齢者の見守りもできればk8 カジノ 高齢者の見守りもできれば

ビット コイン スロット イオンリテールでは、AIカメラを今後どのように活用しようとしているのか。丹羽氏は今後着手したいことの一つとして、高齢者の見守りを挙げた。

 近年、店内で転倒してしまう高齢者が増えているという。従業員の目が届く場所ならばすぐに対応はできる。しかし、死角になっている場所や、人通りが少ない場所だと、発見が遅れてしまう可能性がある。また、転倒した高齢者がスマホを持っていない場合、自分で助けを呼ぶことも困難だ。

 そうした高齢者をAIカメラが検知し、他の従業員に通知できれば、安心安全な売り場づくりが可能になると丹羽氏は考えている。

 AIカメラが分析できることは今後確実に増えていく。取得して分析した映像をどう活用するかで、顧客に提供できるサービスも変わっていきそうだ。

時間帯在館人数の推移も調べられるg1 2 スロット シンボリルドルフ

コメントを残す

Feed | RSS | sitemap.html | Sitemap