パチンコ 計算 方法「カフェに長蛇の列」からヒント サントリーが発掘した、ボトル飲料の新たなニーズとは?パレス パチンコ

パチンコ 計算 方法「カフェに長蛇の列」からヒント サントリーが発掘した、ボトル飲料の新たなニーズとは?パレス パチンコ。
パチンコ 計算 方法「カフェに長蛇の列」からヒント サントリーが発掘した、ボトル飲料の新たなニーズとは?パレス パチンコ
鉄拳 4 スロット 感想k8 カジノ

るる ライター 早朝、オフィス街のカフェに列をなす、急ぎ足のオフィスワーカーたち――。そんな光景がヒントとなって開発された、新たな飲料サービスがある。飲料大手サントリーの「TAG COFFEE STAN(D)」(タグコーヒースタンド)だ。既製のボトル入りコーヒーではなく、「自分好みの一杯」を求めるオフィスワーカーを想定し、味やラベルデザインを自由にカスタマイズできるサービスとして企画した。しかし、実際にふたを開けてみると、サントリーも想定していなかった、思いがけない客層が押し寄せた。

味やラベルデザインを自由にカスタマイズできる「TAG COFFEE STAN(D)」(サントリー提供)

 「当初は、オフィスワーカーの困りごとを解決しようと考えたサービスでした。しかし、実際に店舗に来られたのは、アイドルやアニメキャラクターのファンたち。想定外のことが起きました」

 こう振り返るのは、サントリー食品インターナショナルのイノベーション開発部に所属する今中悠穂さんだ。

スマホで事前オーダーし店頭で受け取り

 タグコーヒースタンドは、事前に専用のWebサイトで「コーヒー」か「紅茶」を選び、ブラック/ラテなどのベースや、甘さ、フレーバー、ホット/アイスなどを選択し、好みの味にカスタマイズ。ラベルデザインも3000種以上の中から選べる。これらの内容を反映したQRコードを店頭で見せて注文し、商品を受け取れる仕組みだ。価格は1本あたり550~650円という設定だ。

専用のWebサイトで事前にオーダーし店頭で注文して受け取る(サントリー提供)

 サービスの構想を始めたのは2017年。当時、早朝の忙しい通勤時間帯にもかかわらず、スターバックスコーヒーなどの店舗に、大勢のオフィスワーカーが並ぶ光景が目立っていた。安いボトル入りコーヒーではなく、高級感のある「自分好みの一杯」でリフレッシュしたいと考える人が多いのではないか――。

当初はオフィスワーカーの困りごとを解決しようと企画された(サントリー提供)

 そんな想定から、自分好みにカスタマイズした一杯を提供するサービスを企画。事前にWebオーダーし、通勤途中に立ち寄って並ぶことなくスピーディーに商品を受け取れる仕様を考えた。

ターゲット戦略を柔軟に見直しk8 カジノ

パチンコ リフレッシュ オープン と は 19年6月、東京・日本橋に実証実験の店舗「TOUCH-AND-GO COFFEE(タッチアンドゴーコーヒー)」をオープンした(21年8月閉店)。ところが、店舗に訪れたのはオフィスワーカーではなく、特定のアイドルやアニメのキャラクターを熱心に応援する「推し活」ユーザーたちだった。

 ボトルのラベルには、Webオーダーの際に名前やメッセージを印字することができる。商品の取り違いを防ぐ目的で用意した仕様だが、推し活ユーザーたちは、推しのアイドルやキャラクターの名前を印字し、推しのカラーに合ったラベルデザインを選択してカスタマイズ。これがSNSに投稿され、大きな反響となった。

ターゲット戦略を柔軟に見直し

 売れ方も、一般のボトル飲料とは異なるユニークな動きを見せた。アイドルのコンサートツアー開始日や、推しのメンバーの誕生日、アルバムの発売日、テレビドラマの放送開始日――。ある特定の日に大きく売り上げが伸びる傾向が見られた。

 こうした動きを受け、サントリーはターゲット戦略の見直しを図った。推し活ユーザーや娯楽との親和性を感じ取り、当初想定していたオフィス街への出店から、娯楽施設への出店へと切り替えた。

3000種以上のラベルデザインから好みのものを選び名前も印字できる(109シネマズ川崎で筆者撮影)

 「実証実験として開始したからこそ、コンセプトを固めすぎることなく、柔軟に戦略の見直しが図れました」と今中さんは話す。

 21年10月、川崎市の映画館「109シネマズ川崎」に1号店を出店。続く11月には「109シネマズ二子玉川」、22年6月に「109シネマズ名古屋」にそれぞれ出店した。多い時で1日あたり、1000本近く売れることもあるという。11月21日には福岡市の映画館「T・ジョイ博多」に4号店のオープンが控える。

109シネマズ名古屋に出店の店舗イメージ図(サントリー提供)

 西日本初出店となり、さらなるサービスの拡大が続くタグコーヒースタンド。ユーザーの心を捉えるのは、やはりカスタマイズの豊富なバリエーションだ。

 3000種以上のラベルデザインと、66通りある味を掛け合わせると、カスタマイズの組み合わせは、およそ40万通りにも上る。サントリーの定番商品のラインアップが約300品目(22年9月末時点)であることを考えると、ケタ違いの数だ。

 「自身の幸せを形にできる、世界に一つだけのコーヒー」。そんなユーザーの期待に、カスタマイズサービスは応えられると同社は手応えを感じている。

店頭では専用のスタンドから商品を受け取る(109シネマズ川崎で筆者撮影)

 映画館への出店は、新たな展開にもつながった。映画作品とのコラボレーションが実現し、作品のバナーを施したオリジナルのラベルデザインも限定発売。今夏、大ヒットしたトム・クルーズ主演『トップガン マーヴェリック』とのコラボでは、ファンが劇中に登場するセリフをラベルに印字するなど、さまざまな楽しみ方が見られたという。

楽しみ方を押し付けないk8 カジノ 楽しみ方を押し付けない

すすきの マルハン 最近では「ドラマの撮影現場に差し入れしたい」「社内イベントで配りたい」といった声も届くようになり、新たに法人向けサービスを開始した。

 ある企業からは「内定式で配りたい」との注文が入り、企業のロゴなどを印字したオリジナルラベルに、内定者の名前と企業名を印字した商品を生産した。記念日など「ハレの日」需要の取り込みも見えてきている。

 さらに、店舗だけでなく、キッチンカー形式でも対応しており、アイドルのコンサート会場や、サッカーJリーグの試合会場などに臨時出店している。

キッチンカー形式でも出店している(サントリー提供)

 「楽しみ方を押しつけることはしません」と語る今中さん。カスタマイズサービスを提供することに徹し、楽しみ方はユーザーが自由自在に編み出していく。そんなスタンスが、想定外のニーズを発掘し、さらなる商機を呼ぶのかもしれない。

商品の楽しみ方は開発担当者の想像を超えていく(109シネマズ川崎で筆者撮影)スロット 犬夜叉 セリフ

コメントを残す

Feed | RSS | sitemap.html | Sitemap