五泉 パチンコ今後のオフィスに求めるのは「スペパ」? アクリル板など感染対策に社員の約4割がストレスジャンボ パチンコ 浜松

五泉 パチンコ今後のオフィスに求めるのは「スペパ」? アクリル板など感染対策に社員の約4割がストレスジャンボ パチンコ 浜松。
五泉 パチンコ今後のオフィスに求めるのは「スペパ」? アクリル板など感染対策に社員の約4割がストレスジャンボ パチンコ 浜松
mini pci スロットk8 カジノ 仕事に役立つ調査データ:

gogo ジャグラー sp消費者の傾向、若者の価値観、働き方の変化――このコーナーでは、ビジネスパーソンの働き方や企業の戦略立案に役立つようなさまざまな調査データを紹介していく。

 空間除菌消臭装置などを提供する日機装(東京都渋谷区)は、アフターコロナ時代のオフィスに関する意識実態調査を実施した。全国8大都市の企業で働く従業員200人および企業でオフィスの整備に携わる200人の計400人を対象に調査した。

photo画像はイメージです(提供:ゲッティイメージズ)

 現在の出社スタイルと、オフィスの必要性について聞いた。現在何らかの形でオフィスに出社している従業員は、93.0%(完全出社:61.5%、ハイブリッドワーク:31.5%)を占めた。また、72.0%が会社に勤務するうえでオフィスが必要と回答した。

photo現在の出社スタイル(プレスリリースより、以下同)photoオフィスは必要か

 今後のオフィスに期待する役割は、従業員もオフィス整備担当者も1位が「社員同士のリアルなコミュニケーションの場」(従業員:42.5%、オフィス整備担当者:44.5%)、2位が「仕事を効率的に行うことができる場」だった。

photo今後のオフィスに求める役割「アクリル板の圧迫感」k8 カジノ 「アクリル板の圧迫感」──約4割がオフィスの感染対策にストレス

casinox ボーナス コード オフィス勤務をする中で感じた課題感を尋ねたところ、38.1%がオフィスの感染対策にストレスを感じていた(かなりある:10.4%、ややある:27.7%の合計)。そのうちストレスを感じる部分について、最多の回答は「アクリル板など仕切りによる圧迫感」(31.8%)だった。

photoオフィスの感染対策にストレスを感じるかphotoオフィスの感染対策で、何がストレスか(従業員の回答)

 一方、オフィス整備担当者からは「感染対策の手間が増えた」(37.7%)、「有効に使えるスペースが少なくなった」(31.6%)などが挙がった。

photoオフィスの感染対策で、何がストレスか(オフィス整備担当者の回答)「スペースに対して得られる価値や成果」を意識すべき?

 今後のオフィスに対する意向は、従業員もオフィス整備担当者も「新型コロナウイルス感染症流行後の出社スタイルの変化に伴いワークスペースの在り方も変えるべき」(従業員:60.5%、オフィス整備担当者:72.5%)と回答した。 

 また、従業員もオフィス整備担当者も「スペースに対して得られる価値や成果を今後意識すべきと思う」(同52.5%、同76.0%)と考えていることが分かった。

photoスペースに対して得られる価値や成果を今後意識すべきと思うか

 ファシリティ・オフィスサービスコンソーシアムの岡田大士郎氏は、本調査について「『スペースに対して得られる価値や成果』に対する意識の高まりが見て取れる」とコメント。オフィススペースの効率性を追求することが重要であり、「まさに『スペースパフォーマンス(空間対効果)』とでも表現すべき考え方を追求する必要がある」とした。

 調査は同社が9月27~30日にインターネットで実施した。

7 16 イベント スロット

コメントを残す

Feed | RSS | sitemap.html | Sitemap